ルヴァンの800日

パン屋ルヴァンの言の葉
<< January 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

金曜ルシァレ

 

冬は濃いめの味が嬉しくなるときもある。。

そう、パンも深い味がいいと思うこともある。

 

全粒粉の度合いが多いとそれだけ、パンがどしっとして

麦全体の味を楽しめるようになる。

 

人も部分より、その人の全体を味わえるように。

 

そんな料理もあると思う。

そう、体の調子にあわせて、あなたの好みになるべく添えるように。

そう想いながら、開けるのが金曜日の夜限定の

カフェ、「夜ルシァレ」

 

家に帰ってくるようにごはんを食べにきてください。

定食もありますよ。

 

毎週金曜日

19:00ごろからスタートです。

 

 

- | comments(0) | trackbacks(0)

何が目的か

 

新潟の八幡神社の天井を見ると、ふと

方位磁石があった。

 

この目的は。

旅人が方向を確認するために存在させたのか。

それとも、人の歩むべき道、目的を示すためなのか。

 

今自分が居る場所を選んだもの、自分であり、

その場所で何を目的にし居るのかを決めるのも自分。

 

人はその判断を示してくれる人、そして意識がぶれていなければ、

行きつくべきところへ行き着くのではないだろうか?

 

なぜ今日ここに居るのか、ふとした一瞬不思議さに想いを馳せて、

多くの選択が自分にあるということを気づくことが大切だと思う。

 

見渡すこと、自分の位置を確認すること。

そんなメッセージが感じられた。

 

 

- | comments(0) | trackbacks(0)

断面たるうまさ

断面が美しくありたい。

そう、人も内面が美しくありたい。

 

切ったときおいしくみえる、そそられますね。

さくっとうまい。

ルヴァンのアップルパイ。

 

甘味はりんごの甘味のみなんですよ。

ゆっくりスライスしたりんごを煮詰める。

果物の本来の甘味が、パイ生地とバランスよく、

口の中で広がる。

バターと酸味、甘味がうまく調和される。

 

おいしいですよ。本当に。

ただいま、ルヴァン富ヶ谷店にて販売中。

 

 

- | comments(0) | trackbacks(0)

新年ながら考えてみた

Life is what happes to you while you are making other plans.

人生とは何かを計画している時に起きてしまう、別の出来事。

 

先日ふっと本で目にした言葉。

あーそうだね。と納得しました。

計画外のことって、時に素敵な方向を示すよね。

 

受け入れる心をもつことが日々大切だなーーと感じます。

 

別の出来事。

今日は何が起こりますかね?

 

 

- | comments(0) | trackbacks(0)

今週の営業について

 

今週は成人の日ですね。

成人たるもの何をもって人として成すのでしょうか?

なんて、ふと思ったりしますが。

 

さて、ルヴァン富ヶ谷店は

週末、土日

そして、1月9日(月)〜18:00まで

通常の営業をしています。

また、

1月10日(火)は代休にてパン屋ルヴァンはお休み。

併設のカフェ「ルシァレ」は11:00〜16:00にて

前日焼きのパンを販売しながら営業していますので、

ご安心ください。

 

来店お待ちしています。

 

ルヴァン富ヶ谷店

 

- | comments(0) | trackbacks(0)

王様のお菓子

 

「王様のお菓子」知っていますか?

ヨーロッパ、特にフランスで1月6日に食べられる、

「Gallette des Rois」(ガレット・デ・ロア)

 

その日、エビファーニ―(公現節)、キリストの誕生を東方の三賢者が祝福に訪れた日です。

 

中には今では、陶製の人形や、コインが一個入っていて、

切り分けた時、それが入っていたカットを食べた人は一日王様、

または一年祝福に満ちた年になるといわれています。

 

もともとはソラマメを意味する、「フェーブ」と呼ばれる陶製の人形。

コレクターもいるとか。

 

昔から豆入りのカットを食べれた人はわがままを一日言える。

古来から、洒落たゲームでみんな楽しんでいたのですね。

 

ルヴァン富ヶ谷店にて1月1週目週末まで販売予定。

ですよ。

 

 

 

- | comments(0) | trackbacks(0)

パン屋のクリスマスケーキ

 

はい、メリークリスマス!

いろいろなクリスマスを迎える人がいると思います。

僕も若いころは友人や、家族とわいわいするのクリスマスと感じてました。

でも、一人ひとりクリスマスの迎えかたがありますね。

 

仕事が忙しくて、単身でクリスマスを迎える人、

一人でこの日を一年でリセットする日と決めてクリスマスを迎える人。

自分の好むクリスマスがいいなと思い始めました。

メリーを自分に、そしてこの世界に贈る平穏な日であることが一番だから。

 

ルヴァンのクリスマスケーキ、21日の夜19:00ごろから販売になります。

25日までの販売です。ご予約もうけます。

そして、一人のために四分の一カットから販売していますのでスタッフにお伝えください。

 

ありがとうのクリスマス。

 

そして、ルヴァンのドライフルーツケーキベルベデーレもこの時期におすすめの一品です。

 

 

- | comments(0) | trackbacks(0)

むじなー貉

 

貉、穴熊のことですが、狸としてもつかわれる言葉。

「臥穴(ふしあな)」穴で寝る、「茂し穴(もしな)」茂みのある穴

などからと言われています。

 

狸、「狸寝入り」という言葉のごとく驚くと死んだふりをするようです。

童話でも変身して人を化かす動物にもなりましたね。

 

語源も寝入りにて魂が抜けたようになるので、たぬきという説もあるようで。

 

でも死んだふりはやはりだますためではなく、気が小さくて、仮死状態になるから。

「同じ穴の貉」、同類の悪党をさす言葉だけど、、、。

実は彼らも、小心者だからこそ、仲間でつるみ、悪だくみをしてしまうのかもしれませんね。

 

12月いろいろなことがおきるけど、どうして?ってなぜって?

起きる事、起きた事に意味合いを感じていけばすべてを寛容できるはず?

かな。

 

 

 

 

 

 

- | comments(0) | trackbacks(0)

人間

 

人間と書いて、にんげん。そして他の読み方も。

「じんかん」 人の住む世界、現世。

「ひとあい」 人付き合いや、人に対する愛想のこと―人愛とも

 

人と人との関係を表す言葉の多様意義。

それだけ、人は一人で生きてはいけず、人との関わりかたがその人を形成していく、そのものでしょう。

 

人との付き合い、そして人との交流が、自分を導き、磨いてくれる。

人間だから、人愛の気持ちとともに今日も人とかかわっていきたいですね。

 

手は人の心を表すそうですよ。

 

ルヴァンのオーナー「週刊甲田幹夫氏」→記事の続きにて

続きを読む >>
- | comments(0) | trackbacks(0)

シュトレン

 

さてはて、富ヶ谷で作ったシュトレンは、先日をもって売り切れました。

ありがとうございます。しかし、、、、、

 

ルヴァン信州上田店にて作っているシュトレンの販売を

12月14日(水)よりルヴァン富ヶ谷店にて行います。

 

こちらも、数量限定販売にて売り切れ次第終了となります。

 

よろしくお願いします。

 

ルヴァン富ヶ谷店  

 

- | comments(0) | trackbacks(0)

Profile

Archives

Links

Other