ルヴァンの800日

パン屋ルヴァンの言の葉
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

作るイメージ

 

作るという作業は、

どの分野に置いても、

 

技術とその人が持つ創造性、

そして感性がおおきな要素をしめるのかな、と思います。

 

具体的な完成図があっても、

そこにはその人の持つ、経験と技術。

 

最後は感性が創り上げると。

 

もちろん努力のスパイスは必要。

 

でも、この工程が面白い。

 

一人で作っていても、

そして、仲間で作っていても、

 

その工程の中に沢山の魔法と、

驚き、ときに発見。

 

だから、作り続けるのだと思います。

 

 

- | comments(0) | -

春のモーニングメニュー

暖かくなってきて、

春がそこに、

 

だから、布団から朝、身を起こすことも

すんなりー。

 

ルヴァンのカフェ、ルシァレ。

 

平日  10:00〜11:00

土日、祝9:00〜11:00

 

モーニングプレートをご用意しています。

 

軽めのサラダとお惣菜と

玄米キッシュ、ピザ、トーストなど選べる。

もちろん、ドリンク、スープも追加しても、

 

モーニング価格。

 

春のスタートを軽やかにしてもらいたいから、

3月限定の心優しい、一皿です。

 

 

 

- | comments(0) | -

春を待ち

 

今年は春を待つ、前に横に春がいるような2月。

 

庭の椿も、落椿になる前から、

 

蕗の薹が顔を出し、

 

私たちの体が苦味を喜ぶ。

 

うららか、という言葉が合うか否かは?

 

少し、寒さも欲しい気持ちがあります。

 

春を待ちながらのカフェ・オ・レ、

 

が好きだから。

 

 

 

- | comments(0) | -

ネルも技術と工夫

 

ネル、珈琲を淹れるツールですが、

その、ネルを作る人たち、使う人たち、

こだわりがあります。

 

ネルを使用する、自家焙煎珈琲店を営む方たちは、

自ら、ネルを作る人達が多いのですが、、、

 

知り合いにネルで淹れる珈琲の楽しさ、味わい

人々に知っていただきたいと、

 

ネルとそのフレームを作りながら、

自らの珈琲を焙煎している人もいます。

 

木の下珈琲、の

木下さん。

 

数ミリのネルの縫い目のバランス、

そして、ネルの厚さ、

微妙な違いで淹れる珈琲の味わいも変化します。

 

どのような珈琲に仕上げたいか?

イメージしながら、日々時間を費やし、

作り上げるネルドリッパー。

 

使う時、心から感謝しながら、

淹れる自分がいます。

 

2月24日、25日、

木の下さんが焙煎した珈琲豆と

知恵と努力が込められた、ネルドリッパーで淹れる珈琲。

 

ルヴァン富ヶ谷店でお出しします。

グラスコートブレンド

クレイコートブレンド

 

え、何でその名前、、、。

知りに来てね。

- | comments(0) | -

地と空

 

地上の空気が重たく感じると、

上へ行きたくなる。

 

山へ。

 

久々に奥多摩の山へ。

 

いきなり急な斜面を2時間近く、

きつい、、、。

 

鳥の春へのさえずりや、近くで自分を見つめている猿や、

きつさの中でも、出会えて嬉しい。

 

頂上では、ふーと、気持ちと呼吸を整え、

深呼吸。ただただ、嬉しい。

遠くに見える、富士山。

そして、自分の街が遠くに見えて。

 

帰りは離れたくないと思いつつ、

温泉とお気に入りの珈琲店のことが脳裏に浮かぶ。

 

下りの傾斜が足に響くとき、

早く、地上に戻りたいと願う。

 

白い梅の香りが里から感じた時、

心にまた嬉しさがみなぎる。

 

自然の温かさ、そして里の温かさ、

両方を味わう、1日の山登り。

 

山上のパンも、里でのパンも

ありがたい、おいしさなんだよね。

 

 

 

- | comments(0) | -

ルヴァン市→2020年2月24日まで

ルヴァン市?

なんだろうと思いますよね。

 

スタッフがする、ガレージセールです。

日本語でいうと、、、のみの市です。

 

買ってみたけど、使わなかったもの。

少し使ったけど、今使ってないもの。

自分にはやはり合わなかったもの。

いいと思うから、ぜひ人にも使ってもらいたいもの。

 

フリーボックスと異なりますので、

少しの料金は値付けしますが、

 

なかなか楽しい物が並ぶと思います。

 

今日から、いろいろ少しづつだしますので、

ルヴァンに顔だして見て行ってくださいね。

 

- | comments(0) | -

通常+

 

突然、ふっと何か通常でないこと、場所へ。

 

それは、仕事場でも同じ欲求を抱くことがあります。

なので、今日2月15日はライ麦カンパーニュにくるみ入れてみました。

くるみ、ふっと入れただけだけど、味わいがぐっと濃くなります。

 

ちょっとしたことですが、

日々の+、楽しんでます。

 

- | comments(0) | -

連休のお知らせ 2020年2月

 

2020年2月は

17日、18日 を連休とさせていただきます。

パン屋、カフェ両方がお休みになりますので、

よろしくお願いします。

 

2月24日(月)→祝日営業 9:00〜18:00 パン屋、カフェとも

2月25日(火)→塩見ぱんの日、10:00〜16:00

通常のパン数種とスペシャルなパン数種(ルヴァンのOB、OGが作り出す日)カフェもスペシャルメニューとなります。

 

- | comments(0) | -

2月のお知らせ@富ヶ谷店

 

ルヴァンらしい和風?なパイ。

「小豆ともちきびのパイ」

ゆっくり炊いた、東北の農家さんのもちきびと

北海道の小豆。

甘味はやはり、てんさい糖、にてかろやかに仕上げています。

 

普通なら、濃くを出すために、パイのバター量を増やしたり、

トッピングにクリームをのせたりするかもですが、

あえて、そのまま素材の味を確かめていただきたい。

 

2月23日までのパイです。

一年に一度は試してみて欲しいです。

 

僕は日本産のあっさりとした紅茶と一緒に食べるかな。

 

 

- | comments(0) | -

きれいな味

 

満月の夜、

気の合う友人と共に、

散歩がてら、、

好みの珈琲店へ。

 

僕が好む場所と味だから、

彼女もそうであって欲しい。

 

デミタスカップを小さい口に付け

飲む彼女は幸せそうに微笑み、

 

きれいな味。と。

 

僕たちは微笑み合い、

そう、それはきっと、

淹れた人がきれいな心。と、

ささやき合う。

 

願う、

明日僕が淹れる珈琲は

tendarly.

だったらいいな。

 

 

- | comments(0) | -

Profile

Archives

Links

Other