ルヴァンの800日

パン屋ルヴァンの言の葉
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ルヴァンカレンダー展

ルヴァンカレンダー展やります。

 

12月1日(金)〜12月14日(木)の二週間。

 

ルヴァンのお友達の作成したカレンダー。

約10〜12種類ぐらいを同時販売です。

 

上田と富ヶ谷店、両店にて開催。

 

来年の一つが見つかりますように。

 

そして、、、、

ルヴァンオーナー、甲田幹夫のオリジナル「山暦2018」も限定数販売。

 

お店に行かれない方に、、、。

ブログ拝見者限定、5部。

ウェブ専用カレンダーもご用意します。

紙は和紙調、A4サイズです。

価格は2000円+発送料

パンの注文も同時に承ることもできます。

いかがですか、、、。

 

支払いは〒振替にて。後日。

 

ご注文は→levain1984@hotmail.co.jp

まで。

注文締め切りは12月末。

限定数なくなり次第締め切りにさせていただきます。

 

 

 

 

 

- | comments(0) | trackbacks(0)

天才アーティストTシャツのセール

 

これは何だ?

と思いつつ

冬前なので、幻のマキューブランドのTシャツ

カフェにて大セール中です。

 

変化球を見るかのように、ストレートにはいかない

ユニークなTシャツたち。

子ども用のサイズもあるので必見です。

 

11月24日(金)〜11月27日(月)

 

たのしみに。

 

 

- | comments(0) | trackbacks(0)

木枯らし(こがらし)の時

 

木枯らしの吹く今。

部屋にこもりがちで体がなまってしまいませんか?

 

少し、近くの公園を歩いたり、街路樹を眺めながら歩いたり。

ふーーと深呼吸。

 

良い木が好い気を体内にもたらしてくれます。

 

小さい実が地面にたくさん。空を眺めたら、

とてもとても高い所に赤い実がびっしり。

 

いいぎりの木。桐に似た大きな葉で飯を包んだことから

いいぎりと。

木枯らし、葉っぱを落としたり、実を落としたり。

 

でも、地上を歩いている私たちに嬉しいこと教えてくれます。

 

おまけ、はさねかずら。美男葛ともいわれていて

木の樹液は整髪剤として使うことから。

鹿の子菓子のようなかわいい実をつけます。

 

なんだろうがいっぱいの秋の道。

 

散歩の後はカフェでフーーと温かいドリンクを。

- | comments(0) | trackbacks(0)

正しいか否か

 

事を判断するときに、自分が今これをしていいのだろうか?

この事にかかわっていいのだろうか?と迷う。

 

その時、僕はその基準に「正しいか?」と問いかけます。

自分の中の決断は自由なのですが、それが、身勝手になるのか?

「自由」⇔「身勝手」は背中合わせ。

 

正しい判断は自分のためになる、自分の中で自由に決めた事だし、

その結果がもたらすことだから受けとろうと、若い時は考えていた。

 

今になると

「自分のために」と考えて実行してきたことって、それほど大したことではないように思える。

「だれかに喜んでもらいたい」と思うとき、大きな気持ちが生まれて、

大きな動きに生まれるかわるように思う。

 

「だれかのため」頑張れたら、

それだけ結果として自分のところに戻ってきてくれているように

感じるようになったこのごろ。

 

自分だけの意識ではなく、

周囲も一緒にがんばり楽しむことが、

大きな何かを与えてくれるかな?

日々楽しく、大切な事を感じよう。

 

山のように大きく。

 

 

 

- | comments(0) | trackbacks(0)

達磨とだるまのおともだち

達磨とだるま

 

日本には多種のだるまがいて、

各地の特色を醸し出しています。

作る人、その風土等の背景が一つのだるまを作りあげているのでしょう。

 

じっとたたずむ姿は見守ってくれているかのように、

心を温かくします。

ルヴァンの友だちに、2歳の子がいて、

お店にくると、だるまを抱っこしたがります。

何か彼にはだるまにある気を感じたり、見えたりするようです。

起き上がるのも楽しいようですが、

 

だるま展のカタログにいつものだるまさんが載っていて、

見つけたときに、

「おともだち」と両親に伝えたようです。

 

彼にとっておともだちなんだな、ルヴァンの姫だるま。

物が気持ちにかわる。

そんな一言だと感じました。

大切な事、忘れてはいけない感覚って身近にありますね。

 

- | comments(0) | trackbacks(0)

2017年11月のお知らせ

 

11月のお知らせ @富ヶ谷店

 

定休日

毎週月曜日と第二火曜日

*カフェ、ルシァレは毎週月曜日11:00〜16:00営業しています。

 日曜焼きのパンを販売していますので、お寄りください。

 

今月のパン

かぼちゃパン(11月12日(日)まで)

ジャガイモのフォッカチャ (11月15日(水)〜スタート)

 

今月のパイ

りんごのスライスパイ しなのゴールド、しなのスイート使用。甘さと酸味のバランスがすばらしい。

かぼちゃパイ     ローストかぼちゃとメイプルシュガーのやさしい甘味

 

お知らせ

シュトレン&クリスマスケーキ

シュトレン・・・11月18日より販売

 

クリスマスケーキは12月21日(木)〜ですが、予約開始はまたお知らせします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

- | comments(0) | trackbacks(0)

秋だからいいことあります。

 

秋だから、いいことはたくさんあると思うんです。

葉が衣をまとい、赤、黄色に変わる工程を共感したり、

果物が日々、色を付けてきたり、

生物、動物の冬ごもりの準備を垣間見れたり。

 

ぼーーっと公園で青い空と木を眺めて寝ていたり。

11月は冬へ向かう休息月のような気持ちが沸き立ち、

嬉しい。

そんな月を楽しく共感できたらいいな。

 

おいしさの共感。ルヴァン&ルシァレで。

好きがたくさん見つかるといいね。

- | comments(0) | trackbacks(0)

日々、是にて、好日

 

忙しい時、ふっと自分を振り返り、

一杯のお茶で毎日が、日々のささいなことが大切だなっと思い出す。

秋は収穫、また飲食では、人々の食欲がでてくるのか、

夏と比べて多忙な気持ちになりがちですが。

 

イベントの誘いが多いからかな?

毎日の淡々とした販売や、パンを作ることや、部屋を装飾することなど。

今日は心地よく何かできたかなとかが本当は一番大切な事ですね。

 

毎日淡々と過ごし、やるべきことだけを全うしていく昆虫たち。

そんな彼等と話すと単純なことが一番大切だよーーと教えてくれます。

心安らかにしていると彼等が寄ってきてくれる。

 

カンパーニュは心に十字を切る、本来の意味合い。

感謝して、作り感謝して食べる。

自然への心です。

 

明日10月25日(水)

は青山ナチュラルハウスにて11:00〜18:00ごろまで

パンを販売しています。お待ちしています。

 

- | comments(0) | trackbacks(0)

どんぐりと山猫

どんぐりの背比べという言葉ありますね。

実は同じ種類のどんぐりでもかなり、、、

形、大きさは異なります。

 

ことわざの意味とことなるけど、本当だよ。

 

異なるから、競うのではなく、一緒に何かをできる仲間であるといいねと

どんぐりをむきながら思うのです。

 

店にどんぐりの頭をしたような小さい男の子がきます。

いつも120%。

彼は自分のこと、興味にまっしぐら。

大きくなっても、大好きなことがたくさんある人になりそうでいまから僕もわくわくします。

 

さて、今週の金曜日

10月13日(金)

17:00〜 夜のカフェにてどんぐりイベント

秋は心と体を冬ごもりに向けるための野草が私たちの周囲にあります。

自然は季節の案内人、

私たちを寒い時に添えるように気づきと栄養を与えてくれます。

 

どんぐり入りのパン、そしてどんぐり入りのキッシュ。

そして、秋を告げる草花の料理。

 

自然に挨拶できる夜。

お待ちしています。

秋を食べにきてね。

ご予約も承ります。

カフェ ルシァレ 03−3468−2456

 

- | comments(0) | trackbacks(0)

りんごの紅と初恋

 

この時期になると青森の友人からりんごが届く。

自分が紅玉がなかなか手に入らないつぶやいたら、

10年前に木を植えてくれたという。

 

年々大きくなった木は多くの実をつけるようになったのだろう。

縁というものは、過去から未来に今の現世だけではなく、

繋がっているようにその友人といると感じる。

 

りんご―、

島崎藤村の初恋

まだあげ初めし前髪の

林檎のもとに見えしとき

前にさしたる花櫛の
花ある君と思いけり、

 

やさしく白き手をのべて

林檎をわれにあたへしは

薄紅の秋の実に

人こひ初めしはじめなり。

 

心を伝えることを詩に託し、

ゆっくりと思いを告げる。

季節、色彩、情景がその人と気持ちを映し出す。

 

気持ちがつながるそんな色をした林檎を毎年

何事もなく、自然に送ってくれる友人がいることに感謝して。

 

 

 

 

 

- | comments(0) | trackbacks(0)

Profile

Archives

Links

Other