ルヴァンの800日

パン屋ルヴァンの言の葉
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

春になると

 

北国の春はこの先、でも雪の中にフキノトウを見つける瞬間。

春は懸命に私達にあたたかな心を運ぼうとしていることが感じられます。

 

寒い日々が苦手な方も、いつか春の暖かな日差しがくる安心感。

日本の四季は豊かですね。

 

スヌーピーの登場人物にライナスくんがいますが、

彼の安心どころは毛布。

「Security is a thumb and a blanket.」

親指をしゃぶり、毛布をもっていると心がほわ〜と安定するようです。

 

人各々よりどころがあって当然です。

ふーーと温かな場所が必要だったり、寄りかかりたいとき。

 

あなたはどうしますか?

 

心に温かな日差しがいつも照らされますように。

- | comments(0) | trackbacks(0)

レトロの後はナウだった

 

かうひいや、珈琲店という名称はのちにできたもので、

かうひいや、喫茶店、そして珈琲屋かな?

 

かうひいやがだす、珈琲って想像できますか?

僕はパーラーなような、ストレートコーヒーではなく、

生クリームトッピングがのっているような、そんなイメージをいだきます。

 

そして、昭和的喫茶店は酸味のアクセントの濃くとはいえない、

談義をしながらすする珈琲。

 

一杯の珈琲でも時代を表す変化があり、

そこには大衆を導くブームもある。

 

自分の好きな珈琲は何ですか?

今、自分はあるべきところにいるのか?

自分はやりたいことをしているのか?

 

ふっと迷ったとき、、、

僕は、自分の好きな珈琲を淹れます。

導いてくれるから。

 

- | comments(0) | trackbacks(0)

日々のささいなこと

 

日々のささいなこと。

大きく膨らませると、楽しさと心地よさに満たされます。

 

ふっと、入った田舎町の喫茶店。

先代からのお菓子やさんの喫茶店。

コーヒーはマシンドリップであれ、そこに息つく事がある。

 

有名とか、師店とかは無関係で、その土地とその風土とその人たちと

係り続けている店。

 

おしゃれとか、センスとか雰囲気などではなく、

ほっと気取らない自分になれる場所であったりします。

 

近所の方が井戸端会議にお茶をすする?

そんな私店であるように。

 

あこがれますね。そんな店。

 

- | comments(0) | trackbacks(0)

3月のお知らせ

 

三月のお知らせ⇒2017年3月のお知らせ欄参照に

 

空を飛ぶときどきどきしますね。

やはり、夢があります。

大きな機体を人をのせて空を走るってすごいことだなといまでも感じます。

 

ライト兄弟が夢中になったこと、それだけ、一つのことにこだわってやりたいという気持ち。

いつまでも、何歳になっても持ち続けたい心です。

 

さあ、3月です、少しづつ花も微笑みますね。

 

 

- | comments(0) | trackbacks(0)

イベントだよ

 

今週のイベント情報です。

さっくりと単刀直入です。

 

鳥取米子市の

ティズ・クレイさんにてパン販売と

甲田さんとお昼で団らん会します。

2月20日(月)パン販売 16:00〜18:00

団らん会(火)11:00〜

 

詳細は上記カフェのホームページにて。

ということで、我々はカンパーニュと共に

鳥取へ。

雪深いらしいです。

 

もちろん、富ヶ谷店、上田店両方の店舗は通常営業してますご心配なく。。

オーナー甲田氏が出歩きますので、、、。

 

- | comments(0) | trackbacks(0)

木曜日と金曜日

 

木曜日には毎週、ルヴァンの同僚たちが待ちわびている宅配があります。

群馬の田村さんからの野菜です。

11:00ごろには届き、みなさまにも店頭にて販売します。

水曜日に田村さんご夫婦が畑から採取してきた新鮮野菜。

そして、自由に動き回っている鶏の卵。

色はたんぱくな黄色ですが、味は濃厚です。

なんたって、その鶏の顔が二人に愛されて幸せそうですから。

 

野菜の種類はそのときによって異なります。

雪で人参が掘れなくなったり、などで冬季は野菜の収穫って難しいそうです。

そう、本当の雪の下人参です。

 

そして、金曜日は毎週恒例の23:00時ごろまで営業していますの

金曜夜ルシァレ

今週のメニューは体が温かくなるメニュー

グラタン、おいしい魚が手には入ればそば粉の天ぷらなどをしてみようかなと

夜は確実パンより、ごはんが食べたい方もウエルカムです。

なんだかんだ言って、オーナー甲田氏が食べたいものがメニューの中心になります。ええ。

ご予約もできますのでお待ちしています。

03−3468−9669

 

- | comments(0) | trackbacks(0)

もの作りはたのしい

 

人はなぜ作るという行為に惹かれるのか。

自己表現の手段でもあり、そのものが人と繋がる手段にもなるからだと僕は思う。

分野は異なっても、

工芸、絵、日々日常に使うすべての物において、そこには機械作成であれ、

人の考えと意識が働き形になったものであることは間違いない。

 

物が他の人の手に渡り、使われるとき製作者の想いが報われるような、

また、そこに本来の形があると思う。

 

食べ物においても、使い手、食べる人の気持ちを育みながら作る。

作り手との関係。

身内であれ、そして他人であれ、

関係性があれば、言葉にできない伝達、想いがそこに生まれると信じている。

 

- | comments(0) | trackbacks(0)

Children チルドレン

僕の好きな詩がある。

親子の関係、そして自分が先輩として仕事をする際に後輩のことを考えるとき、

この言葉を胸に刻む時がある。

インディアンの伝承歌にも似たニュアンスの歌があるようだ。

僕は思う。自分を含め、あしたの家に住む人間だろうか?

いまを生きればあすにつながる。風を感じながら、、空気を感じながら。

 

カール・ギブラン

 

あなたの子供はあなたの子供ではない。

彼等は、人生そのものの息子であり、娘である。

彼等はあなたを通じてくるが、あなたのものではない。

彼等はあなたとともにいるが、あなたに屈しない。

あなたは彼等に愛情を与えてもいいが

あなたの考えを与えてはいけない。

何故なら彼等の心は

あなたが訪ねてみることもできない、

夢の中で訪ねてみることもできない、

あしたの家に住んでいるからだ。

 

 

僕がもつ思考、そして希望。

彼等は別の人であり、そして別の思考をもつ。

どれだけ、彼等から学ぶことができるかといつもうれしく思う。

- | comments(0) | trackbacks(0)

やっぱりチョコだなーーと

2月4日、5日サンドイッチ販売ありがとうございました。

 

カシューナッツとココアで作った「チョコペースト」のサンド

バジルきのことひよこ豆のサンド

 

クリームチーズとチョコチップのサンド

バジルポテトとトマト煮切干大根のサンド

 

でした。

 

バレンタインの気持ちかな?チョコ的商品が大人気ですね。

僕もチョコペーストのサンド好きです。

個人的に

チョコペースト&マーマレードサンドが好きです。

 

チョコとオレンジ会うものね。

 

ルヴァンのチョコパンもそろそろ登場お楽しみに。

 

- | comments(0) | trackbacks(0)

2月3日金曜ルシァレのメニューは

 

こんにちわ、今日も金曜日。

そう、金曜の夜カフェの日です。

今日のメニュー?

 

抹茶と言わんばかりですが、、、

同じ、緑色のバジルペーストの魚グリル、

ほろほろ大根のグリル焼き

 

ひよこ豆のバランスサラダ

もちろん、ご飯等のかたにはごはん定食ご用意しています。

 

デザート?

お楽しみに。

 

22:30までの営業。

 

お待ちしています。

 

 

- | comments(0) | trackbacks(0)

Profile

Archives

Links

Other