ルヴァンの800日

パン屋ルヴァンの言の葉
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 昔から今へ | top | 5月のお知らせ >>

小豆の魅力

小豆、日本人の甘味にかかせない素材ですね。

GWが近くなる今、青山の「菊家」の水ようかんを思い浮かべます。

5月上旬〜半ばまでしか販売されない、限定品。

作家の向田邦子氏も愛する菓子です。

 

羊羹ってもともと古代中国で羊の肉を入れたスープのことだったとか、

どう変わったの?それは次回またのブルグにて説明しますね。

確かに、羊ですね。

江戸時代には蒸し羊羹、練り羊羹の二種がすでに出来上がり販売されていたようです。

 

さてはて、ルヴァンには羊羹なくとも、あずきのおいしさを演出する一品ありますよ。

 

豆乳パンのあんばたサンド

毎日ではありませんが、きまぐれにて販売しています。

 

 

 

- | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://levain317.jugem.jp/trackback/627
トラックバック

Profile

Archives

Links

Other