ルヴァンの800日

パン屋ルヴァンの言の葉
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 達磨とだるまのおともだち | top | 木枯らし(こがらし)の時 >>

正しいか否か

 

事を判断するときに、自分が今これをしていいのだろうか?

この事にかかわっていいのだろうか?と迷う。

 

その時、僕はその基準に「正しいか?」と問いかけます。

自分の中の決断は自由なのですが、それが、身勝手になるのか?

「自由」⇔「身勝手」は背中合わせ。

 

正しい判断は自分のためになる、自分の中で自由に決めた事だし、

その結果がもたらすことだから受けとろうと、若い時は考えていた。

 

今になると

「自分のために」と考えて実行してきたことって、それほど大したことではないように思える。

「だれかに喜んでもらいたい」と思うとき、大きな気持ちが生まれて、

大きな動きに生まれるかわるように思う。

 

「だれかのため」頑張れたら、

それだけ結果として自分のところに戻ってきてくれているように

感じるようになったこのごろ。

 

自分だけの意識ではなく、

周囲も一緒にがんばり楽しむことが、

大きな何かを与えてくれるかな?

日々楽しく、大切な事を感じよう。

 

山のように大きく。

 

 

 

- | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://levain317.jugem.jp/trackback/663
トラックバック

Profile

Archives

Links

Other