ルヴァンの800日

パン屋ルヴァンの言の葉
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 正しいか否か | top | 2018年1月のお知らせ >>

木枯らし(こがらし)の時

 

木枯らしの吹く今。

部屋にこもりがちで体がなまってしまいませんか?

 

少し、近くの公園を歩いたり、街路樹を眺めながら歩いたり。

ふーーと深呼吸。

 

良い木が好い気を体内にもたらしてくれます。

 

小さい実が地面にたくさん。空を眺めたら、

とてもとても高い所に赤い実がびっしり。

 

いいぎりの木。桐に似た大きな葉で飯を包んだことから

いいぎりと。

木枯らし、葉っぱを落としたり、実を落としたり。

 

でも、地上を歩いている私たちに嬉しいこと教えてくれます。

 

おまけ、はさねかずら。美男葛ともいわれていて

木の樹液は整髪剤として使うことから。

鹿の子菓子のようなかわいい実をつけます。

 

なんだろうがいっぱいの秋の道。

 

散歩の後はカフェでフーーと温かいドリンクを。

- | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://levain317.jugem.jp/trackback/664
トラックバック

Profile

Archives

Links

Other