ルヴァンの800日

パン屋ルヴァンの言の葉
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

水彩画っていいね。

自分の好きな物、事を絵にする、できるって幸せなことだと思います。

ましてや、その好きを友人、観る人たちを共感できることはすごいこと。

車、バイク、そして海外の風景、水彩そのもの、

あなたの好きはなんですか?

 

私はそのもの、事、そして風景が好き、その水彩の雰囲気が好きということもありますが、、、

その作者の人格、生き方があこがれる、好きということを絵を見るたびに感じます。

 

絵はその人そのもののような。

 

沼尻 新さん

フランス、イギリス、道、車、水彩画 +バイクの絵

12月19日まで ルヴァン富ヶ谷店のカフェ「ル・シァレ」で開催中

 

- | comments(0) | trackbacks(0)

2019年のカレンダー、もちろんルヴァンの

お待たせしました。

ルヴァンのカレンダー2019年できました。

もちろん21部限定の手作りであります。

今年は甲田さん(オーナー)の庭にちなんだ植物たちを主役に。

花暦ならぬ、庭暦

はがき、などおまけつきで2200円+税

発送承ります。

(発送料 200円)

ご連絡

levain1984@hotmail.co.jp

または、ルヴァン富ヶ谷店まで

/ファックス: 03−3468−9669

 

良いお年をですね。

 

- | comments(0) | trackbacks(0)

待ち焦がれる日々

 

12月になると、なぜか心が騒がしくなりますね。

師走の月だから、ゆっくり日は暮れていくのだけど、

なぜか駆け足をしているように感じます。

日々、厨房ではシュトレンが焼かれたり、

クリスマスケーキにむけての試作があったり、

甘い匂いがお菓子月を告げ。

頑張りましょうとスポンジが焼けるにおいが語っているかのように。

 

先日エスキモーの民話を読んでいると、

寒い国ならではの自然に対する愛と、動物たちとの共存が

言い伝えられている物語に生きています。

熊、カリブー、きつね、が人間のように語り、エスキモーとストーリーを

作っていく。ずるがしこいきつね、そして善良なくま。

普通の物語だと、悪者は懲らしめられるのだけど、なぜかそのエスキモーストーリー

は悪者はそのまま悪びっている。

厳しい自然の中に住む人たちだから、あえて騙されて生奪われるのも、自己責任?

自分たちで自分自身を守りなさいと語っているかのように。

責任をキチンと自分で負うこと。できているかな?

生きる上で大切ですね。

日々自分のこともきちんと大切なことを整理する、

確認する月が今月とも感じるのです。

 

- | comments(0) | trackbacks(0)

2018年12月のお知らせ

 

2018年12月富ヶ谷店のお知らせ

 

12月のパン&パイ

ジャガイモのフォカッチャ、
そして、煮リンゴのパイ始まりました。

 

ルヴァンのシュトレン販売中→大、小サイズあり。

 

ルヴァンらしく、カンパーニュの新作を準備中、
ドライフルーツ入れたり、スパイス入れたり何が出るかお楽しみに。

 

12月の定休日と年末年始の営業について
12月3日(月)、10(月)、17(月)、18(火)26(水)
ルヴァンの定休日ですが、カフェ、ルシァレは11:00〜16:00まで
前日焼きのパンを販売しながらの営業です。

 

12月31日は8:00〜15:00ごろまでパン、カフェの営業
パン売り切れ次第閉店にさせていただきます。

年始は1月3日からの営業です。(10:00〜17:00)
*年末年始はパンの種類が限られます。

 

よろしくお願いいたします。

 

- | comments(0) | trackbacks(0)

おいしい秋はすぐそこに

新しい、季節のパン、そしてパイもいいけど、

いつものと伝えたいときもあります。

しっとりとゆっくりと。

いつもあるものが、輝いて、心に必要と感じる。

正直な会話が自分の中に生まれる。

 

季節の変わり目って、目に映るもの、

そして肌に感じるもの変化が多いとき。

 

だから、いつもので落ち着かせる。

バランスが求められる。

 

シンプルにただパンにバターをのせて、

そして温かい一杯とともに。

 

 

 

 

 

- | comments(0) | trackbacks(0)

日々感じる事

 

僕が好きな、アインシュタインの言葉

 

野望やただの義務感からは、本当に価値のあるものは生まれません。

限りない愛と献身から芽生えます。

 

人間にとって最も大切な努力は自分の行動の中に

「道徳」を追求していくことです。

私たちの内面的な行動に現れる道徳が

人生に、美、と、品位をもたらします。

 

限りない愛と献身。

言葉で理解できても、なかなか行動に移せないですね。

多くの事を義務すませることが大人社会では日常茶飯事。

 

自分のことを中心ではなく、ひととの意見を交換しつつ、

お互い寄り添い、価値あるものを作り出す。

 

相対性理論、相異なるもので一つの法則、そして寄り添いお互い不可欠な要素。

そんな関係が人との間に。

 

日々パンを焼きながら、

ルヴァンのパンが美と健康をもららすように。

祈りながら。

 

カフェにて、梅スカッシュそろそろ登場。

昨年つけた、梅のはちみつ漬けを使用した飲み物です。

 

また、定番のフレンチトーストもアイスコーヒーと

ともにおいしいですよ。

 

- | comments(0) | trackbacks(0)

イベントの感謝

 

九州耶馬渓イベントご協力ありがとうございました。

私たちも、新しい珈琲豆でいつもと異なる淹れ方を教わり、

そして、耶馬渓のお店のプロダクト、瓶詰などを使用して、

お惣菜を作ったり

新しいことを試みる。

人とのつながりを含めて、いくつかもの祝福を受けた気持ちです。

お越しくださった、お客様も

ありがとうございました。

 

ルヴァン 

- | comments(0) | trackbacks(0)

「大分県耶馬渓とは」、ご紹介イベント

 

九州、大分県の耶馬渓(やばけい)知ってますか?

僕の友人たちが住んでいます。

今回、友人たちが営んでいる店を紹介したくて、

私たちの店でイベントをすることにしました。

 

その土地で自然と向き合いながら日々暮らしている彼等。

彼らの店に行くには、その店を目的にして車を走らせます。

着くと、その場所で半日過ごしたり、ゆっくり時を感じるために。

 

東京という場所で、時を味わい、感じる。

彼らの助けを借りて、

ルヴァンの山小屋、「ル・シァレ」にて。

6月14日(木)〜24日(日)まで

 

6月17日(日)12:00〜18:00

豆岳珈琲の女主人、若菜さん自ら珈琲を淹れにきてくれます。

カフェも耶馬渓のおいしさを取り入れたメニューにて。

 

 

 

- | comments(0) | trackbacks(0)

イベント情報 6月

 

大分県中津市って?

大分県中津市、今年4月に山崩れがありました。

山崩れ、人間が自然に手を加えたことにより、

地盤がもろくなり全国で起きている災害です。

 

ルヴァンの仲間たちも、中津市そしてその周囲の地域で根をはり、

日々おいしいもの、そして気持ちいい暮らしを人々と共有しています。

 

チャリティーの気持ちも含めた、彼等を紹介する10日間

ルヴァンのカフェ、ルシァレにて

6月15日(金)〜24日(日)

中津市でカフェを営んでいる友人の、瓶詰(ソース、ジャム、タバスコなど)

農産物(米、大豆)

そして、山の上でコーヒー小屋をしている

「まめ岳」さんのコーヒー(期間中はカフェはまめ岳さんのコーヒーをお出しします)

6月17日(日)はまめ岳さんの女主人、若菜さんがコーヒーを淹れてくださるとのことです。

 

カフェのメニューも中津市の産物を取り入れたイベントメニューになりますのでお楽しみに。

 

 

- | comments(0) | trackbacks(0)

心を慰める言葉

 

本を読んでいると、自分の気持ちを言葉につづってくれているような感覚が沸き起こります。

 

冬、2月、季節は凍りつき、動物たちも心臓の鼓動を小さく小さくして、

じっと春の訪れを待ちます。

 

山の草木も、雪、霜に耐え、呼吸をしているようです。

雪の下では生命がふつふつを芽生え

ふきのとうが小さく、小さく芽をだしていました。

 

人の心は日常にある物事、そして新しい予期しない経験に器が耐えきれなくなることもあります。

 

人は何かを失ったとき、感情をなくすときがあります。

誰かを失ったとき、魂まで凍りつくことがあります。

その時こそ、草や花の力を信じていいと思います。

 

山の中の小さな小屋でハーブ店を営むえりこさんの言葉です。

 

自然の香り、そして一年を通じて変わりない自然の営みが

ふっと自分に寄り添ってくれていることを少しでも動物的感じることができれば、

大切なこと、自分のこと、そして周囲とかかわりをもてるようになるのでしょうか?

 

 

 

 

 

- | comments(0) | trackbacks(0)

Profile

Archives

Links

Other